2軸泳法 基本 水泳ベストタイム更新プログラム 藤森善弘 2軸4泳法 コツ 練習

MENU

2軸泳法の基本

ここでは体を壊さずに楽に速く泳ぐ為の2軸泳法の基本をお伝えしています。

2軸泳法の基本記事一覧

2軸泳法と従来の1軸との違いご存じですか?そもそも従来の1軸泳法が、頭の頂点から中央を貫く体の中心軸を基準にした泳ぎに対して、2軸泳法は左右の肩関節と股関節を結んだ2本の軸の動作の基準して泳ぐのが基本になるんですね。この違いは4泳法の中でもクロールに顕著にみてとれ、これまでの1軸は、体を左右に回しながら体の中心軸に沿うようにして水を掻きますが、2軸は左右の軸を意識して泳ぐようになることから、体の左...

合理的な泳ぎである、2軸泳法のストリームラインの作り方をご存じですか?楽に速く泳ぐ為には、手で水をかくプルとキック動作で大きな推進力を得ることに加えて、如何に水の抵抗を少なくするかを考える必要がありますね。特に初心者の方は、動作で大きな推進力を得ることばかりに意識がいってしまいがちになりますが、水の抵抗が大きい姿勢では前に進む勢いを十分に生かすことが出来ないのです。したがって、水泳では水の抵抗を小...

2軸泳法は体重を利用した加速感のある泳ぎが出来るようになるのをご存じですか?そもそも2軸泳法は、左右の肩関節と股間節を結んだ2本の軸を意識した泳ぎをします。そして、クロールと背泳ぎは、プルが左右対称の動きではないので、2本の左右の軸を切り替えながら体重移動させ、体を前に乗りこませるようにして前に進みます。これが2軸泳法の体重移動のコツです。例えば、クロールの泳ぎの動作を陸上で行えば、床を這って前に...

楽に速く泳ぐ為にはどうすれば良いと思いますか?それには、大きくわけて2つのことは考えなければいけませんね。一つはプル動作とともにキック動作で大きな推進力を得ることと、も一つは如何に水の抵抗を小さくするかです。そして、これまでの1軸クロールや背泳ぎでは、ローリングするので必ず膝が曲がるので、キックが色々な方向に出て力が分散してしまいます。ですが、2軸の場合は体重を左右の2本の軸に乗せ替える動作(ロー...

蹴伸びの練習を行っていますか?泳ぎには加速させるものと、減速させない技術があり、蹴伸びができたら水泳に大切な抵抗の少ない姿勢である軸の通ったストリームラインを身につけらます。また、距離を伸ばすには、浮きの技術も必要になるので、これを磨くことにもなりますね。これは2軸泳法をを習得する上でもとても大切になり、壁を蹴って得た推進力だけでなるべく距離を伸ばすように練習することがポイントです。その為、まず蹴...

体幹を鍛えるようにしていますか?水泳動作の中で、体幹の筋肉はとても大きな役割を果たしており、2軸クロールはもちろん、他のバタフライ、平泳ぎ、背泳ぎの全てで大切になります。腹横筋と体の軸がブレないように、また捻じれが少ないようにするためにも体幹を使って泳ぎに繋げていきます。そして、水に浮く時に一番大きな浮力となるのが肺で、これを利用して体幹の筋肉を使い、下半身のポジションを引き上げることで重心を前に...

背泳ぎでは、クロールと同様に股関節の動きを意識することが2軸泳法では大切になります。ですが、ほとんどの人が意識していないのではないでしょうか。しかし、股関節を支点にすることで腸腰筋が使えるようになれるのです。腸腰筋というのは、脚を動かす時や姿勢を維持する時に働く下腹部にある筋肉で、股関節と腸骨、腰椎を繋いでおり、キックを打つ際に上手に使うことが出来れば泳ぎが安定してくるのです。その為、腸腰筋を水面...

2軸泳法の背泳ぎのプルが上手くできていますか?背泳ぎの入水はクロールと同様に軸の切り替えをしながら、手のひらの外側を向けて、小指から入水させるようにします。また、アップスイープでは親指から水上に出していきますが、リカバリー動作の間に手首をひねっておけばやりやすいでしょう。入水するときには、軸上の体の出来るだけ遠いところで行うようにして、クロールと同じように、半身全体を頭上のほうにずらすように動かす...

2軸泳法の平泳ぎのストロークは、クロールやバタフライ法とはまた違ってきます。クロールの場合は股関節を結ぶ左右対称の線を2軸としていましたが、平泳ぎは左右の手と足が同等に動きますので、ラインとしては変わりません。ですが、2軸の平泳ぎのストロークで意識するのは、左右の両手が外側に同じように開いた後に、左右の軸が同じようになるように肘を立てて縦になるように一度持ってきます。この時にストロークは四角形を描...

平泳ぎの呼吸(息継ぎ)のタイミングを上手く合わせることが出来ていますか?呼吸と泳ぎのタイミングは平泳ぎやバタフライは特に前後の体重移動をするようになるので、とても重要になってくるのかなと思います。平泳ぎの呼吸も、他の泳法と同じようにリカバリーでするようになります。クロールなら、掻き終わってから息を吸うようになりますし、背泳ぎも左右どちらかの手を基準にして、リカバリーの最中に息継ぎをするようになりま...

一般的にバタフライをイメージすると、上下動を繰り返すダイナミック泳ぎと思っている人も多いと思います。ですが、スムーズに楽に速く泳ぐためには、むしろその逆で、上下動を出来るだけ抑えて水の抵抗を少なくすることが大切でしょう。水面を滑るように泳ぐようにするのが理想かなと思います。イメージとしては、平たい石を水面に水平に投げた時に、水面を切って跳ねていくような感じを思い浮かべてみるとわかりやすいかな。なの...

バタフライで速く泳ぐには、キックのポイントを押さえて練習することが大切になってくると思います。大きな推進力を生むためには、プル動作と共にキック動作が大事になりますからね。そして、バタフライのキックもムチのしなるようなキックを身につけることが大切でしょう。ただ、バタフライでは、出来るだけ上下動を抑えて水の抵抗が少なくなるように、水面を滑るように泳ぐことが理想です。なので、両足で水を蹴るドルフィンキッ...

2軸泳法の平泳ぎでも、キックがとても重要になってくると思います。というのも、泳法上、どうしても平泳ぎは水の抵抗を受けやすいからげす。そして、平泳ぎは股関節を支点にしてムチがしなるように脚を使うことで大きな推進力が得られます。なので、出来るだけ伸びやかな泳ぎをする為にも、スムーズな足の引きつけを覚えて、効率の良いキックに繋げたいですね。キックのポイントしては股関節から膝の順にゆるめていくことかなと思...

ターンが上手く出来ていますか?競泳のクロールで行われるクイックターンは素早い回転動作が特徴で、理想は泳ぎの一連の動きがスピードが落ちることなく、ターン動作に入っていくのが理想です。ところが、多くの人は壁の前でちょっと止まってから回ったり、頭を上げてから回ったりといろいろな人がいます。また、トップ選手でも、回りながら体をひねった状態で、体が横向き、もしくは斜め下、斜め上を向いた状態で体をひねりながら...

キャッチは次に行うプルの準備ですね。2軸泳法の背泳ぎでも大切になりますが、キャッチ動作のポイントは、水をとらえるための手のひらの向きと角度になります。そして、背泳ぎの入水は腕を真っ直ぐに伸ばした状態から、水の抵抗を最小限に抑えるために小指から水面に切り込んでいきますが、そのままでは水をとらえられません。その為、キャッチの動作としては、小指が下になり、外側を向いていた手のひらを下向きに切り替えながら...