2軸クロール 水泳ベストタイム更新プログラム 藤森善弘 2軸4泳法 コツ 練習

MENU

2軸クロールを覚える

ここでは従来の泳法との違いが最も顕著に現れる、2軸クロールを覚える為に知っておきたいことお伝えしています。

2軸クロールを覚える記事一覧

クロールや背泳ぎはローリングすることが当然だと思っていませんか?これまでの泳ぎでは、プル動作を行うのに合わせて体幹が大きく回ってしまう動作をローリングと言っていましたが、2軸クロールでは体が左右に回らないため、体幹が安定する泳ぎになるんですね。また、プル動作も2軸クロールは浅い位置で入水して水を捉え、体の近くでプル動作を行うことが出来るので、抵抗が大きい水中でも効率的に体幹の力が使える分、それだけ...

クロールの入水の位置はどのようにしていますか?そもそも2軸クロールでの手の入水は、肩関節と股関節を結んだ軸上になり、肩を回すというより胸鎖関節と肩甲骨を使って、手を前にして水をとらえに行きます。腕は鎖骨の付け根にある胸鎖関節からはじまっており、そこから動かすようにすれば、より前方に伸ばすことが出来、遠くに入水することが出来ようになれるんですね。また、これまでの1軸クロールでは手のひらを外側に向けて...

クロールで泳ぐ時に呼吸はどのように行っていますか?水泳は水中で息が出来ないので、呼吸動作が必要になり初心者が最初につまずくところでもあります。もちろん上級者になっても重要は技術です。この呼吸の仕方ひとつで速く泳げるようになったりラクに泳げるようになったりもするので、極力無駄を省いて、小さく素早く行って水の抵抗を少なくすることが大切になります。それには、頭はあまり動かさずに泳ぐのが一番ですが、息を吸...

2軸クロールのプルのやり方を理解していますか?2軸クロールはこれまでにお伝えしたように、胸鎖関節と肩甲骨節を使って手を前にして水を捉えにいきますが、この時に逆の手は下で終わるのではなく、とらえる時点では次の体重移動でリカバリーに入っています。体重は常に前方方向へやるようにして、体重を常に前方に乗せきるようなイメージで行うのが2軸クロールの基本です。また、これはクロールを仰向けにした背泳ぎでも同じで...

2軸クロールのキャッチがしっかり出来ていますか?これまでの1軸泳法は、体が傾くことでキャッチの位置が深くなってしまい、その後の動きがスムーズでなくなり、疲労感も増えてしまう泳ぎでした。一方、2軸泳法はローリングはせずに左右の軸を切り替えて泳ぐため、浅い位置で水をキャッチでき、効率よく推進力を得られるのです。と言うのも、2軸クロールは手を水に入れるのとほぼ同時にキャッチを行います。そして、肩幅の位置...

学生の方やマスターズ選手で、水泳をやっていて、肩が痛いという悩みはありませんか?従来の1軸クロールの泳ぎ方をしていた人は、肩や腰などを痛める人が多くみられますね。身体を左右に回転させながら泳ぐので、キャッチ動作の時に、体の中心線上に手を入水させて水面から深い位置で水を捉えることになり、肩の内旋や外転角度が大きくなり、これによって、肩甲骨のところの棘上筋が擦れて腱板損傷の要因になってしまうのです。そ...

クロールや背泳ぎはローリングすることが当然だと思っていませんか?2軸泳法をはじめるにあたって、このローリングに対する考え方を改めなければいけません。例えば、従来のクロールでは、体の中心の延長線上に手を入水させるので、どうしても体幹部を左右に回転させることが不可欠でした。しかし、これでは体の左右の半分が完全に水面下に沈むようになり、水の抵抗を大きく受けてしまいます。その上、肩の外転や内旋角度も大きく...

2軸クロールのキャッチからプルの動作を理解していますか?これは既にプルのところでもお伝えしましたが、クロールで大きな推進力を得るためには手首を使ったキャッチが必要になると思います。というのも、2軸クロールでは、入水後に手首を使うことによって手のひらを後方に向けていくインスイープという動きから水をキャッチして、掻くという動作によって体を前進させるからです。その際に指先から肘までが1枚の板のようにして...

クロールで速く泳ぐには、トレーニングも必要になりますね。既にお伝えしていますが、2軸クロールは、これまでの1軸に比べて身体に無理のない効率的な動作で泳ぐことが出来ます。これは水泳をやっている人なら、身近なところでこの動作を体感することが出来ます。例えば、プールからあがる時には、必ず肩幅に両手をついて、プールサイドに身体を引き上げますよね。この時の手をついた位置は、ちょうど2軸クロールでの手を入水さ...